青色事業専従者の1人当たり平均給与額 (2018年分)

2020年(令和2年)3月末に発表された国税庁の統計資料※から、事業所得者の青色事業専従者1人当たり平均給与額をまとめました。

 

1人平均給与額は223.2万円

2018年分の事業所得者の青色事業専従者1人当たり平均給与額(以下、平均給与額)を所得階級別にまとめると、下表のとおりです。
合計は223.2万円となりました。2017年分と比較すると0.3%の減少です。

所得階級別にみると、事業所得が600万円以下の階級で平均給与額が200万円を超えました。300万円を超えるのが1,200万円以下の階級で、500万円を超えるのが3,000万円以下の階級になっています。100万円以下から2億円以下の階級までは、階級が高くなるにつれて、平均給与額も高くなっています。

2017年より減少したのは、400万円以下と10億円以下、50億円以下の3階級のみで、その他は増加しました。

 

専従者がある割合は40%程度

なお、事業所得者のうち、専従者のある申告納税者の割合は、合計で40.3%でした。700万円以下~2億円以下の階級で、専従者のある割合が50%を超えています。
なおこの金額は、実際に報告された専従者数と専従者給与総額から、1人当たりの平均額を求めたものであり、「相当」かどうかは判断できませんのでご了承ください。

 

※国税庁「平成30年分申告所得税標本調査 調査結果報告(税務統計から見た申告所得税の実態)」 2018年(平成30年)分の申告所得税について2019年3月31日現在において申告納税額がある者を対象とした標本調査です。

詳細は次のURLのページから確認いただけます。 https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/shinkokuhyohon2018/hyouhon.htm

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください